肝臓を大切にするとダイエットになる??

群馬県太田市のパーソナルジム、addfitness(アドフィットネス)です。

今日はお酒が大好きな方、またそうでない方にも、ダイエットと肝臓の関係をしっかりと理解して頂きたくて記事にしました。

ダイエットの順序


ダイエットというと、皆さん口をそろえて

「食事制限」とか「有酸素運動」

とかいうワードを口にするようになります。

もちろんそれらはダイエットにとって重要な部分でもありますし、最終的にそこがしっかりできていないと美しく仕上がったカラダにはなれません。

でも、最初にもっと根本的な部分を抑えた方がダイエットやボディメイクの成功率が上がるんですよ。

それが、

自分のカラダの中で何が起こっているか

という部分です。

 

何はさておき「基礎代謝」の内訳を知る


1日の基礎代謝量の内訳について、多くの皆さんは筋肉の割合が多いイメージを持っているかも知れません。

でも実は、

筋肉による代謝の割合はたったの20%程度

なんです。

実は、

基礎代謝の約半分は「内臓」

が行なっており、その中でも

肝臓の割合は約30%

と、ダントツで高い。

つまり、

肝機能が低下すると代謝も低下し、痩せにくいカラダになってしまう

ということです。

大昔は「筋肉による基礎代謝量が40%を占める」と考えられてきたため「筋トレで筋肉量を増やせば痩せる」という印象を持っている方が多いですが、筋トレよりも何よりも「内臓、特に肝臓のはたらきを最適化する」ことがダイエット成功への最短距離なのです。

 

肝機能低下の原因


肝機能低下の原因は、基本的に生活リズムの悪化によることが多いです。

1.睡眠不足
2.高脂質・高糖質の食事
3.運動不足

あとは、お酒の飲みすぎで肝機能を使いすぎてしまい、肝臓が疲れてしまうことですね。

 

肝機能をアップさせるために


では、肝臓にしっかりと働いてもらうためにはどうすれば良いのでしょうか?

それは、

タンパク質をしっかり摂取し、適度な運動をし、良質の睡眠をとる

ことです。

タンパク質の摂取量については、基本的にボディメイクをしている人だと

体重×1.2〜1.5(g)※例:体重50kgの人 → 50×1.2〜1.5=60〜75(g)

を目安に摂取することが基本となります。

つまり、ボディメイクをしている人にとっては、肝機能をアップさせる食事方法が当然のこととして生活の一部に組み込まれているわけです。

食べないダイエットがいかに恐ろしく、美しさから遠く離れている行為かというテーマは、今後もコラムでちょくちょくお伝えすると思いますが、ダイエット成功の鍵は食事が握っているという意識を持ちましょう。

 

なぜ、肝臓が重要なの?


ダイエットにとってなぜ肝臓が重要なのかは、先述したように内蔵代謝の中で大部分を占めているというこの他に、

肝臓は人体の解毒作用を担当しており、最優先で働かなければならない

ということがあります。

アルコールを筆頭に、人体の中には様々な毒素が入ってきます。

その毒素を取り込み解毒して人体を守るという最重要任務を肝臓(や腎臓)が担っているので、

お酒を飲んでアルコールが体内に入ってきたら、

ダイエット?そんなの後回しや!!毒が入ってきてんのやで?

という感じで、まずはアルコールの解毒に全力を傾けるわけです。

例えば、ある日の夕方に適切なメニューでしっかり効かせるトレーニングができたとします。

良い汗をかいた後のビールは最高なんだよね!とか言って、ちょっと1杯のつもりが…

ぷはぁ!(幸せ)とか言って、結局4,5杯飲んじまった…

そうするとですね、もう、脂肪燃焼どころじゃないんすよ、あなたの体内は(T_T)

 

まとめ


短期(2.3ヶ月)で10kg超えのダイエットをしたい!

という場合、

お酒たくさん飲んでたら、厳しい

です…(´・ω・`)

ぼくもお酒を飲みますが、減量の時はほぼカットします。

毎日飲んでいた人は、まず週に2日の断酒から始めましょう!

慣れてきたら断酒日を増やしてみます。

すると、どうでしょう?

いつの間にか、お腹が凹んでいることに、気付きます!

あ、もちろんしっかりとした食事管理とトレーニングは必須ですよ〜(^^)b

 

ではまた

 

関連記事

  1. 「◯◯だけで10キロダイエット」の恐ろしさ

  2. デキる人はやっている!モチベーション維持のコツ

  3. 褐色脂肪細胞を知る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。