喫煙は筋トレ効果を半減させる!?

群馬県太田市のパーソナルジム「addfitness(アドフィットネス)」のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

Instagramもぜひお楽しみ下さい。

addfitness【Instagram】

 

禁煙してから早10年が経ち、「禁煙してよかった」と心から思う、今日この頃。

 

お財布にも、健康にも、周りの人へも環境にも優しい。もちろん、筋肉にもです。

 

さて、今回のブログでは「筋トレと喫煙」について。

 

結論から言いますと、筋肉を少しでも成長させたいとお考えでしたら、少しずつ禁煙を始めていきましょう。

 

体に良くないイメージは誰もが持っていると思いますが、筋トレに与える具体的な悪影響を4つ紹介します。

 

①心肺機能の低下
②血圧の上昇
③活性酸素の増加
④ストレスホルモン分泌促進

 

上記のような悪影響が挙げられます。

(他にも沢山ありますがここでは割愛させていただきます)

 

①心肺機能の低下

タバコに含まれる一酸化炭素の影響で、運動中に十分な酸素が供給されず酸欠となりやすいです。筋トレ中は安静時よりも酸素摂取量が増えるため、息切れを起こしやすく筋トレのパフォーマンス低下を招きます。具体的には、本来であれば最後の1レップまでしっかりと追い込めるところ、力が入らないので追い込みきれない、などです。

 

②血圧の上昇

タバコに含まれるニコチンが血管を収縮させる働きをするため、高血圧の原因になります。血液循環を阻害するため、筋トレ中に息苦しさを感じたりめまいの原因となります。また、集中力の低下や疲労を感じるのが早くなると言われています。

 

③活性酸素の増加

活性酸素は免疫力向上の働きがある一方、量が増え過ぎてしまうと免疫細胞へのダメージが大きく、免疫力の低下につながります。ガンや脳卒中などの原因にもなり、非喫煙者に比べて発病リスクが高まります。筋トレの疲労回復も遅く、ウィルス等の感染症リスクも高まると言われています。

 

④ストレスホルモン分泌促進

「コルチゾール」と呼ばれるストレスホルモンの血中濃度が高まります。コルチゾールは血圧を高める、血中の糖や脂質を増やすという以外にも、筋肉を分解する働きがあり、過度な分泌は筋肉の成長を阻害します。

 

禁煙の効果は、喫煙の直後から効果が現れるそうです。

 

直後・・周囲の人をタバコの煙で汚染する心配がなくなる。
20分後・・血圧と脈拍が正常まで下がる。手足の温度が上がる。
8時間後・・血中の一酸化炭素濃度が下がる。血中の酸素濃度が上がる。
24時間後・・心臓発作の可能性が少なくなる。
数日後・・味覚や嗅覚が改善される。歩行が楽になる。
2週間〜3ヶ月後・・心臓や血管など循環器が改善される。
1か月〜9か月後・・咳や喘息が改善。スタミナが戻る。
1年後・・肺機能の改善が見られる。※慢性閉塞性肺疾患の人
2〜4年後・・虚血性心疾患、脳梗塞のリスクが35%低減。
5〜9年後・・肺がんのリスク低減が明白。
10〜15年後・・様々な病気のリスクが非喫煙者と同等に近づく。

 

禁煙はなかなか難しいとは思いますが、健康的でかっこいい体、きれいな体を目指すのでしたら喫煙はあなたには必要のない生活習慣かも知れません。

 

このブログを読んでくれたあなたの「健康意識」の琴線に触れられたならば幸いです。

 

では、また。

参考:厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

 

edited by SAWA

元メタボリックシンドロームからのー20kgの減量に成功!科学的かつ、体脂肪5%未満まで絞り上げた自身の経験をもとにした独自のダイエットメソッドで、コンテスト出場目的のストイックな減量から、頑張らない「ゆるダイエット」まで幅広く対応!専属トレーナーとして、最速で太田市民の体脂肪1t燃焼達成!

[保有資格]

NSCA-CPT 全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナー
JDHA ダイエットプロフェッショナルアドバイザー 1級
FMA ヘルシー&ビューティフードアドバイザー 2級
JGDA スポーツ整体ボディケアセラピスト


addfitnessは、自分の体型を変えたい方のための、完全予約制のパーソナルプライベートジムです。

お客様のニーズに合うボディデザインはもちろん、トレーニングや食事管理を乗り越えるためのメンタルケアもおまかせください。

addfitnessをお選び頂いた皆さまに、自信と笑顔に満ちた毎日を過ごしていただきます。

思考は現実化します。

関連記事

  1. ダイエットは数字にとらわれない方が上手くいく?!

  2. 妊娠中にトレーニングしてもいいの?

  3. ダイエットに最適な季節とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。