腹筋を割るために必要な3つの要素とは?

群馬県太田市のパーソナルジム「addfitness(アドフィットネス)」のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

Instagramもぜひお楽しみ下さい。

addfitness【Instagram】

 

誰もが憧れるシックスパック。

 

割れた腹筋を夢見て、腹筋運動を繰り返す毎日。

 

手に入れるために、誰しも一度は挑戦したのではないでしょうか。

 

今回のブログは「腹筋を割る」がテーマです。

 

早速ですが、結論から言います。

 

腹筋運動ではシックスパックにはなりません!(泣)

(必死に腹筋運動されている方、申し訳ございません)

 

では、どうすれば腹筋が割れてくるのか。

 

ずばり、『体脂肪を落とすこと』以外に方法はないんです。

 

最短でシックスパックにする方法をこれからお伝えしていきます。

 

その① 下半身トレーニング

腹筋運動を続けることは、腹筋そのものを鍛えるのには有効です。

 

しかし「体脂肪を落とすこと」がシックスパックへの最短ルート。

 

そうと知れば、身体の中で最も大きな筋肉を鍛えられる「スクワット」がマストです。

 

下半身トレーニングであるスクワットは、エネルギー消費が非常に多く、必然的に体全体の脂肪燃焼効果が大きいのです。

 

腹筋運動しかしていないという方は、ぜひ下半身も一緒に鍛えてみてはいかがでしょうか。

 

その② 有酸素運動

ウォーキングやランニングは誰でも手軽に始められる運動習慣であり、脂肪燃焼のためには欠かせないトレーニングです。

 

有酸素運動は30〜40分を目安に行うことが、脂肪燃焼には最も効果的とされています。

 

しかし、時間がないのでもっと短時間で効率よく有酸素運動を行いたい方は「HIIT(ヒット/ヒート)」がオススメです。

 

高強度なトレーニングを短い休憩を挟んで連続して行うために、脂肪燃焼効果は絶大です。

 

筋トレ×有酸素運動を行うことで、脂肪燃焼を更に促すことができるので相乗効果が期待できます。

 

その③ 食事コントロール

筋トレでエネルギー代謝の高い身体を作り、有酸素運動で脂肪燃焼をしても、食欲の赴くままに食べていませんか?

 

単純な話ですが、運動すれば余計にお腹が空きます。

(運動しなくてもお腹は空きますよね)

 

言ってみれば、ダイエットの最大の敵は「自らの欲望」です。

 

『1日に必要な栄養どのくらいなのか』

 

『どのくらいのエネルギーを1日に消費しているのか』

 

これらを把握した上で、適切にカロリーコントロールすることは、体脂肪を減らしていく上で絶対的に必要とされています。

 

食べなければ痩せて当たり前です。

 

しかし、美しく格好良いボディラインを形成していくためには、緻密にカロリー計算した食事と、継続するストイックなマインドが必要です。

 

「消費カロリー>摂取カロリー」になるようなライフスタイルを基本として、日々コツコツと続けることです。

 

ネットの情報に惑わされて、いろんなダイエット食を食べ漁っていては、シックスパックは程遠いですよ?

 

・・以上、腹筋を割るための3つの要素を紹介しました。

 

「変わりたい」「身体を変えたい」と思ったのなら、もうそれはすでに「変わり始めているチャンス」です。

 

記事を最後まで読んでいただいたあなたのフィットネスライフが、豊かで幸せなものであるよう願っています。

 

edited by SAWA


addfitnessは、自分の体型を変えたい方のための、完全予約制のパーソナルプライベートジムです。

お客様のニーズに合うボディデザインはもちろん、トレーニングや食事管理を乗り越えるためのメンタルケアもおまかせください。

addfitnessをお選び頂いた皆さまに、自信と笑顔に満ちた毎日を過ごしていただきます。

思考は現実化します。

関連記事

  1. 肝臓を大切にするとダイエットになる??

  2. 在宅ワークに潜む体力低下の罠

  3. 妊娠中にトレーニングしてもいいの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。