「◯◯だけで10キロダイエット」の恐ろしさ

人は◯◯だけでは美しくなれない


メディアで紹介されるダイエット方法のひとつに

「◯◯だけ食べて1ヶ月10kgやせる!」

などという

「単品ダイエット」

があります。

これは確かに痩せます。

だって、

1日に必要なカロリーに対して単純にエネルギーが足りない

ので。

でもこれは、

カラダが出す危険信号に対して、

生命活動維持のために脂肪を使ってエネルギーを作り出している状態

であり、一歩間違えれば生命の危機へとつながる危険な方法なんです。

 

三大栄養素


生命活動を維持するために絶対に必要な栄養素のことを

三大栄養素

といいます。

・糖質
・タンパク質
・脂質

の3つで、人間のガソリンであり、私達のカラダを作る成分でもあります。

それぞれの働きは、

・糖質 → 体内エネルギーのもと
・タンパク質、脂質 → 細胞やホルモンのもと

となっています。

必須の栄養素ではありますが、

摂り過ぎると余った分がすべて「体脂肪(贅肉)」として体についてしまう

という性質があります。

 

五大栄養素


三大栄養素に

・ビタミン
・ミネラル

を加えたものが五大栄養素です。

この2つはエネルギーやカラダを作る成分にはなりませんが、

体脂肪や三大栄養素の体内代謝活動にとってなくてはならないもの

です。

つまり、

摂らないと脂肪が燃えにくくなってしまう

ということになります。

加えて、基本的に体内で合成することができないため、食べ物から毎日しっかりと摂取する必要があります。

不足しても過剰に摂取してもダメ、バランスが大切になります。

 

六大栄養素


先ほどの五大栄養素に

・食物繊維

を加えたものを六大栄養素といいます。

食物繊維は消化酵素では分解できず、体内に吸収されることはありませんが、

排泄や血糖値上昇抑制など、ダイエットにおいては非常に大切な栄養素

です。

 

全てが不可欠な栄養素


単品ダイエットを行なうと、六大栄養素を全てバランスよく摂取することなどできません。

いくらダイエットといっても、糖質・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラル・食物繊維、どれが欠けてもダメです。

場合によってはダイエットの成功率を大幅に下げることになりますし、
「真の美しさ」を手に入れることはできないでしょう。

次回以降のコラムで、各栄養素の具体的な働きについて書いていきます。

一緒にしっかりと勉強し、ムリなく美しいカラダ作りの参考にしていただけたら幸いです。

 

パーソナルトレーナーとしてのアドバイス


ダイエットでもボディメイクでも、ラクしてクオリティの高い効果が出るなんてことはありません。

○○だけで1ヶ月10キロやせる!

なんていう、ある意味詐欺的なキャッチコピーに釣られることなく、しっかりとした知識を前提とした食事と運動でダイエットを進めましょう。

同じマイナス10キロでも、


このカラダと、


このカラダ、

手段・方法が違えば、当然ながら結果も異なります。

みなさんはどちらが美しいと思いますか?

 

ではまた

 

関連記事

  1. 褐色脂肪細胞を知る

  2. 肝臓を大切にするとダイエットになる??

  3. デキる人はやっている!モチベーション維持のコツ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。