睡眠時に「足がつる」5つの理由とは?

群馬県太田市のパーソナルジム「addfitness(アドフィットネス)」のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

Instagramもぜひお楽しみ下さい。

addfitness【Instagram】

 

睡眠時、足がつって強烈な痛みに襲われる経験は誰でもあると思います。

 

当ジムのクライアント様からも「よく足がつる」とご相談をいただくことが多いです。

 

足がつりやすいのは、一般的に冷えやすい季節である「冬」と言われていますが、夏場も油断はできません。

 

「つる」とは、いわゆる「こむら返り」のことで、筋肉が伸び縮みするバランスが崩れてしまい、異常に縮む状態を引き起こして元に戻らないことを言います。

 

急に体を動かしたり、水分不足や冷え、熱中症など原因は様々ですが、なぜ寝ているときに足がつるのでしょうか?

 

その代表的な理由を5つ、簡単に紹介していきましょう。

 

①血行不良
体の冷えやデスクワークでの座りっぱなしの姿勢が続くと、血行が悪くなります。この状態では筋肉の伸び縮みに必要な栄養が行き届きにくいので、少し動いただけでも足がつる原因となります。特に、睡眠時は心拍数も低く、血行は低下しています。

 

②筋力低下
加齢とともに筋力は衰えていきます。特に女性はホルモンバランスの乱れからくる筋力の低下もあり、筋肉の伸び縮みがスムーズに行われなくなることが原因と言われています。寝返りを打つ際に、少し力を入れただけでつってしまうのはこのためです。

 

③体温低下
気温の下がる冬はもちろんですが、冷房にさらされる夏は体温が低下しやすく注意が必要です。布団をかけずに寝ると体が冷え、血行はさらに低下します。

 

④水分不足
お酒やコーヒーの飲みすぎによることで脱水症状を引き起こすこともありますが、一般的に睡眠時はコップ1杯の汗をかくと言われています。寝る前に最低でもコップ1杯の水分補給を心がけましょう。
※トイレが近くなる原因と予防については、筋トレで解決できます!後ほど。

 

⑤ミネラルバランスの乱れ
お酒やコーヒーの飲み過ぎはミネラルを過剰排出する原因となります。筋肉の伸び縮みや、神経の伝達にはカルシウムとカリウムが必須です。この2つのミネラルバランスを調整にマグネシウムが大活躍。アーモンドやくるみは手軽に栄養補給できます。

 

最後に、頻繁にこむら返りが起こるのは体のSOSサインです。生活習慣病など思わぬ病気も潜んでいる可能性もありますので、その場合は医療機関を受診しましょう。

 

これらを予防するためには、ちょっとした心がけが大切です。

 

・ストレッチをおこなうこと
・食生活を見直すこと
・体を冷やさないこと

 

体を変えるということは、ライフスタイルそのもの。少しづつ改善してみましょう。

 

このブログを読んでくれたあなたの「健康意識」の琴線に触れられたならば幸いです。

 

では、また。

 

edited by SAWA

元メタボリックシンドロームからのー20kgの減量に成功!科学的かつ、体脂肪5%未満まで絞り上げた自身の経験をもとにした独自のダイエットメソッドで、コンテスト出場目的のストイックな減量から、頑張らない「ゆるダイエット」まで幅広く対応!専属トレーナーとして、最速で太田市民の体脂肪1t燃焼達成!

[保有資格]

NSCA-CPT 全米ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナー
JDHA ダイエットプロフェッショナルアドバイザー 1級
FMA ヘルシー&ビューティフードアドバイザー 2級
JGDA スポーツ整体ボディケアセラピスト


addfitnessは、自分の体型を変えたい方のための、完全予約制のパーソナルプライベートジムです。

お客様のニーズに合うボディデザインはもちろん、トレーニングや食事管理を乗り越えるためのメンタルケアもおまかせください。

addfitnessをお選び頂いた皆さまに、自信と笑顔に満ちた毎日を過ごしていただきます。

思考は現実化します。

 

関連記事

  1. ダイエットプロジェクト 第三期募集スタート!!

  2. ボディメイクに筋トレが必要な理由とは?

  3. 妊娠中にトレーニングしてもいいの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。